読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LILIUM

趣味の記録保管庫

バッテリーⅠ

Books

あさのあつこ著『バッテリーⅠ』の感想です

バッテリー (教育画劇の創作文学)

バッテリー (教育画劇の創作文学)

 

 ※ネタバレを含みます

 

さて読むのは中学生ぶりだろうか

 

主人公は春から中学生になる原田巧くん

 

父広の転勤で祖父洋三の住んでいる、母真紀子の実家へ引越しです

田舎の空気は良く、身体の弱い弟の青波くんも安心

 

巧は野球部のエースで、絶対的な自信の持ち主

自分は同年代ではもちろん、大人にも負けない投手であると自覚してます

小学校でバッテリーを組んでいた子も

やっとの練習で受けれるようになったそうな

 

巧くんはめっちゃ反抗期やな

誰にも頼らないし興味がない

野球ができればいいって思ってます

 

ある日巧が日課のランニングをしていると

永倉豪くんに出会います

中学生になる子にしては体格ガッチリした大きな子

 

そして2人でキャッチボールをすることになり、

巧の球が取れたりしてすげーとなるわけです

 

巧がこの町で

甲子園に行ったけど今はサラリーマンの大人や

野球したいけど勉強で辞めさせられる子など

色んな人に出会うんですが、一番変化があったのは青波でした

 

成長するにつれて多少身体は強くなったようで

野球をやりたがります

過保護な母に甘え兄に憧れていた青波が

洋三の言葉もあり、自分の野球がしたいと言います

洋三はもともと甲子園チームの監督で

青波には才能があるって言ってたんですね

 

それがもう巧くんにはイライラなわけです

大人に舐められたり、親が自分を良く知らず接してくるのも

青波が野球をやりたがるのも

ほんと色んなことに苛つきまくる巧くん

最高に思春期の反抗期です

 

青波くんはめっちゃ天使系だわ

ひとり方言を喋るのもかわいいし

感受性が豊かで、意思も強いですよね

 

豪くんは実家が医者で、後を継ぐように期待されてるけど

本人は野球をやりたがってる

大人たちは青波も含めて巧がいるから野球をやりたがるんだ、

だから才能ないって野球辞めさせてと巧にお願いしてきますが

巧はそんなこと興味ないし

やりたいならやらせればいいと思ってるので言わないですが

 

 

豪から始まって、この町で巧くんはどう成長していくのでしょうか

もう内容ほとんど覚えてないのでのんびり続き読もう