読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LILIUM

趣味の記録保管庫

すべてがFになる

Books

森博嗣著『すべてがFになるの感想です

すべてがFになる (講談社文庫) すべてがFになる (講談社文庫)
(1998/12/11)
森 博嗣

商品詳細を見る

※核心には触れませんが多少のネタバレを含みます

 

森博嗣は2冊目だけど、この人の小説は感情移入して読むものじゃないんですね

トリックを楽しむ小説だ

誰にも共感できないってのは新鮮で面白いです

あとやっぱり密室推しなんだね

 

なんといっても真賀田四季博士が最高!

これは四季シリーズに手を出すレベルだよ!!

ここまで「天才」と軽々しく紹介された天才は見たことがないです

本当に理解できない、天才は理解できないわ

どれかっていうと犀川先生も萌絵ちゃんも天才に見えるんだけど

(それは私が凡人以下だから?)

考えてることはわかる

行動は理解できないけど思考の過程とかを書かれるとなるほどと思う

その2人が理解できないのが真賀田四季博士なわけじゃん、とても魅力的!

 

淡々と書かれている所為なのか、異常が起きた時の異常さが異常

全然雰囲気作りがないのにというか、無機物感があるというか

異常が全くなさそうな研究所で起きた異常の異常さが凄く伝わった

だから死体が出てきた時は怖かったな

誰がどう見ても異常なのに、文章からは異常に見えなくて

だからこそ死体が出てきた時の現実味の無さがリアルというか

誰か表現力ください

 

Fについての謎は納得!

ただ密室のトリックがどうも納得できない

本当に誰も、誰もわからなかったの?

あれだけの研究者がいて誰一人わからなかったの?ってかんじです

密室以外について、つまり計画に必要だったトリックについては

理論的でストンとくるので楽しめました

理系ミステリィって言われるのもわかりますね

ド文系の私は理屈こそわかりますがへーというかんじで、

これ理系の人の方が楽しめるんでしょうね

 

あと犀川先生と萌絵ちゃんの関係な、にやにやするわ~

萌絵ちゃん本当にかわいいなw

犀川先生のDT臭ヤバイけど実際のところどうなんでしょうね

最初にも書いたけどトリックを楽しむ小説だから

感情移入しないと楽しめない人には向いてない

この小説は動機に重きがおかれてないから

犯人がいて、密室があって、その密室の謎こそが重要

 

 

東野圭吾とは真逆なイメージ(読書狂じゃないからアテにならないが)

東野圭吾は後半突然人情ものかよ!!ってくらい人物人物してるけど

これはえ??結局その人の思考がそうだからって理由だけ??みたいな

私はこの中間が好きです

犯人に特別な事情はいらない

けど人物ほぼ無視で殺人までの過程を淡々と書かれても楽しめない

好きな人は好きな作品だと思いました