読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LILIUM

趣味の記録保管庫

もののけ姫おすすめシーン抜粋スペシャル(前編)

語り物

暇な時に一人でもののけ姫ごっこしてたら妹に全力で引かれた

さて、本日は特にネタがないのでmixiからコピペするかな

 

毎日ブログを更新する必要はないと思うのですが

軌道にのるまでは毎日がんばろうかなと

使い方を未だ把握してませんしね ってことで

 

もののけ姫おすすめシーン抜粋スペシャル!!

\わーわーきゃーパフパフ/

 

第一声、「ヤックル!」からはじまる『もののけ姫

ヤックルの角はすこぶる丈夫ですね

アシタカの体重をものともしません

かわいいなもう!

 

アシタカはカヤたち3人娘に異変を聞きジイジのところへ行きます

このとき「ケモノたちも!」って言った子が一番かわいいですね

ジイジはかなり高いとこいるね!

ジイジ意外とやんちゃです

タタリ神登場にビビるヤックルがかわいいです

 

アシタカ「しずまりたまえー!」←全然しずまりません

 

呪いをもらったアシタカにカヤが水をかけます

水蒸発して超痛そうです

ヒイ様の占い結果西に異変があるようです

アシタカは自分の運命を知ります

 

 

ヒイ様「曇りのない眼で物事を見定めるなら(以下略)」←ここ重要

 

 

アシタカヒコの腕見て驚いてるオッサンのシーンで、

一番右にうつったじいさんが好きです、エミシ一族のこと嘆きまくりです

 

里をでることになった一族の長になるはずだったアシタカ、

カヤから玉の小刀をもらいます

「私もだ。いつもカヤをおもおう。」 と、全然実行しない約束をしたアシタカ

 

アシタカ西へ行きます

ここでジブリ界きってのセクシーショット!! アシタカふんどしを披露!

これは好感度上がるのか下がるのかは謎です

でもこのシーンは横にいるヤックルがいいんです、注目です

 

さあ侍達が村を襲っています 「勝負ー勝負ー!」と侍がいきり立ちます

とりあえず両腕を吹っ飛ばしたアシタカ

「押し通る!邪魔するな!」←アシタカの名言です

押し通った結果、今度は首ふっ飛ばします 「鬼だ…」←この侍いいよね

 

次の村でジコ坊に出会いますね

ここでのアシタカは無口です

ジコ坊は雅な椀だとアシタカを褒めつつ、アシタカの米を遠慮なく食べます

押し通った割には2人殺めたことを後悔するアシタカ

雅な椀で雅に食事をするアシタカ←ここがいい

 

一方山にて、ここでエボシ御前ご登場です!!

まるであきたこまちの様な姿のエボシ様、すてきです

そしてモロの一族登場です!!!

「モロだ!」あきたこまちエボシが叫びます

モロ撃たれて燃やされ落ちてしまいました…

「奴は不死身だ」エボシ様のお墨付きなモロ かわいいぜ…

 

その頃アシタカは牛飼いの2人を救出します

お!何かの気配が!顔を隠して様子をみにいきます

サン顔解禁!!かわいー!!ひゅーひゅー!!

きっとアシタカもそう思ったに違いありません

思わず自己紹介するアシタカ←ここ重要

さあ、サンのお返事は!?

「去れ!!」

フラれましたアシタカ、どんまい

この時ちゃっかり牛もってく山犬←これがかわいい

 

 

フラれたアシタカは牛飼いたちのところへ

コダマにビビる甲六←かわいい!

ここでシシ神の存在を知ったアシタカ

「シシ神?大きな山犬か?」←世間知らずを露呈したアシタカ 

 

とりあえず山登り開始です

甲六まだビビってます、かわいいなもう!

そんな甲六を他所にコダマと笑顔で話すアシタカ、汗ダラダラです

コダマはアシタカの真似してます←おしりがいい

甲六まだビビってます

でもアシタカは全スルーです

 

さて一休みです モロ一族の足跡発見

「ここは彼らの縄張りか?」←ちょっと嬉しそうなアシタカ

シシ神の森に完全にビビる甲六

「ここはあの世の入り口だ…」

そうだな。ちょっと休もう。」

全然甲六のことを考えないアシタカ、即答します

 

ここでシシ神様と出会いますね 髪逆立ちます!←これが醍醐味だと思う

腕が暴走するアシタカを心配する甲六←いい奴

でもアシタカはシシ神様で頭いっぱいです

体が軽くなったアシタカ、山をさくさく進みます あそこのお水はすごいんですね

アシタカ回復です 一方骨折してる甲六は…

「あれ?痛くねぇ…なおった!!いてっ!やっぱり折れてる…

バカすぎる甲六

ホントおバカ! 最高だよあんた!大すき!!

 

甲六「ダンナすげぇ!ドンピシャだ!」

無事にタタラ到着です

さてタタラであんま歓迎されないアシタカと

「あーあーあー!このグズ!!

おトキさんにボロクソ言われる甲六。最高!

私が大すきなおトキさん、アシタカがいい男だと見破ります

さあエボシさん登場!あきたこまちじゃありません!

エボシ「甲六」

甲六 「へ、へい」

エボシ「よく帰ってきてくれた。すまなかったな。」

甲六 「へ、へい」←この2度目の言い方がいい

 

いい男アシタカ、タタラ女子にモテモテです

「どこどこ?」 「えっあの人?」「本当、トキの言った通りじゃん」

「いい男ねぇ」 「ちょっと若すぎない?」

女子高生ばりの会話を繰り広げるタタラ女子

お通夜も関係ありません

 

さあこのお通夜、ナゴの守がタタリ神になったいきさつを知ったアシタカ

この時ナゴの守が刺さった矢を振り払うんですが、超かわいいです

さあエボシ様とアシタカのやり取りです

「東と北の間より…それ以上は言えない」 自己紹介しないアシタカ

エボシとサンとの違いが歴然です

さあきました!ここですよ!

エボシ「そのツブテの秘密を調べてなんとする?」

アシタカ「曇りなき眼で見定め、決める」←ヒイ様の受け売り発動!!

エボシ「曇りなき眼?はははははははは!!!!

爆笑されたアシタカ、エボシ様の秘密のお庭へ行きます

 

ここでアシタカガン切れするよね!怒髪天とはあのことですかね!

しかし、同じ呪いをもった長がアシタカを諭します えらい!えらいよ長!

一方外では、初登場猩々! わらわらしてますねーいいですよわらわら

ここでもののけ姫の存在を知ったアシタカ、ヒロインの情報ゲットです

山犬の姫たんぺろぺろぺろとか思ってたに違いありません

 

もてもてアシタカは約束どおりタタラ女子のもとへ

そして脱ぐ、脱ぎました

何故?服の構造あんなんだったんですねー

さあ職場体験を終わらせたアシタカ、明日には旅立つ予定です

サンはタタラへ向かいます←山犬の眼が光っててかわいい

「会わなければならない者がいるんです」←サンで頭いっぱいのアシタカ

「くる…」

ドラゴンボールのように嫁候補の気を感知したアシタカ様

タタラ女子も軽く引いてます

果たして彼の行く末は

 

さーて!いいところですが次回の『もののけ姫』は~?(サザエさん風に)

もののけ姫とアシタカの2度目の対峙!

動き始めるストーリーにドキがムネムネすること間違いなし! お楽しみに!